池波正太郎 名言

Tagged
池波正太郎『江戸前 通の歳時記』
池波正太郎の名言 覚えておくといいのは、お刺身を食べるときに、たいていの人はわさびを取ってお醤油で溶いちゃうだろう。あれはつまらないよ。刺身の上にわさびをちょっと乗せて、これにお醤油をちょっとつけて食べればいいんだ。そうしないとわさびの香りが抜けちゃう。醤油も濁って新鮮でなくなるしね。わさびは醤油に溶かさずに刺身の上に...
池波正太郎の名言
池波正太郎の名言 ビールというのはね、料理屋の仲居でもそうだけど、本当の料理屋でない限り、まだ残っているうちに注ぎ足してしまう。これは愚の骨頂で、一番ビールをまずくする飲み方なんだよ。コップに三分の一くらい注(つ)いで、それを飲み干しては入れ、飲み干しては入れして飲むのがビールの本当のうまい飲み方なんですよ。ビールを注...
江戸前 通の歳時記(池波正太郎)
池波正太郎の名言 よく鮨屋で、飯のことをシャリと言ったり、生姜(しょうが)のことをガリといったりする客がいますが、ちゃんとした鮨屋だったら、客がそんなことを言ったらかえって軽蔑されちゃう。だからね、鮨屋へ行ったときはシャリだなんて言わないで普通に「ゴハン」と言えばいいんですよ。飯のことをシャリとか、箸のことをオテモトと...