Category
ブラシの木
2018年5月21日。千葉県流山市にある駒木諏訪神社の境内で赤い花が咲いていました。タワシというかブラシに似た花です。名前を調べるために、デジカメで写真を撮って、家にある『散歩で見かける街路樹・公園樹・庭木図鑑』で赤い花が咲く木の名前を調べたらブラシの木でした。 ブラシの木の写真|撮影場所…駒木諏訪神社(千葉県流山市)...
植田
2018年5月20日。埼玉県越谷市北後谷(きたうしろや)の田んぼでは田植えの真っ最中。上の写真は田植えが終わったばかりの田んぼです。俳句では、田植えが終わったばかりの田のことを「植田」と呼び、夏の季語になっています。「植田」の読み方は「うえた」。 植田を季語に詠んだ俳句には、吉岡禅寺洞(よしおか ぜんじどう)の「南風や...
ドクダミの花
2018年5月19日。埼玉県越谷市にある県民健康福祉村でドクダミが花を咲かせていましたので写真を撮りました。上と下の画像が県民健康福祉村で咲いていたドクダミの花です。 ドクダミの花の写真|撮影場所…県民健康福祉村(埼玉県越谷市) 撮影年月日…2018年5月19日
シャガの花
茨城県日立市にある 御岩神社(おいわじんじゃ)でお参りをしたとき、ハイキングコース(登拝道=とはいどう)にシャガの花が群生していたので、写真を撮りました。 シャガの花の写真|撮影場所…御岩神社(茨城県日立市) 撮影年月日…2018年5月16日
マルモンシロナミシャク
2018年5月17日。埼玉県越谷市にある県民健康福祉村の木陰の下で、羽を広げて身をひそめていた蛾の成虫を見つけたので、デジカメで写真に撮りました(上の画像)。家に戻って昆虫図鑑で調べたところマルモンシロナミシャクという蛾でした。ちなみにマルモンシロナミシャクは漢字で書くと「丸紋白波尺」。分類はチョウ目・シャクガ科・ナミ...
蛍
腐草為蛍――。読み方は「ふそうほたるとなる」。「くされたるくさ、ほたるとなる」とも読みます。現代の表記だと「腐れたる草蛍と為る」。七十二候の第二十六候(芒種次候=ぼうしゅじこう)にあたります。新暦では6月11日から6月15日ごろ。腐草為蛍の意味は、腐った草がホタルになるころ。昔は、腐った草がホタルに生まれ変わる、という...
子蟷螂
蟷螂生――。読み方は「かまきりしょうず」。「とうろうしょうず」とも読みます。現代の表記だと「蟷螂生ず」。七十二候の第二十五候(芒種初候=ぼうしゅしょこう)にあたります。新暦では6月6日から6月10日ごろ。蟷螂生の意味は、カマキリが生まれるころ。 日本の七十二候を楽しむ―旧暦のある暮らし― 蟷螂(かまきり・とうろう)は俳...