Category
雪解け
土脉潤起――。読み方は「つちのしょううるおいおこる」または「どみゃくうるおいおこる」。「土脈潤起」と書く場合もあります。現代の表記だと「土脉潤い起こる」。七十二候(しちじゅうにこう)の四候(雨水〈うすい〉初候)にあたります。新暦では2月19日から2月23日ごろ。土脉潤起の意味は、冷たい冬の雪か暖かい春の雨に変わり、大地...
池の魚
魚氷上――。読み方は「うおこおりにあがる」。「うおこおりにのぼる」「うおこおりをいずる」と読む場合もあります。現代の表記だと「魚氷に上がる」。七十二候(しちじゅうにこう)の三候(立春末候)にあたります。新暦では2月14日から2月18日ごろ。魚氷上の意味は、春になって池や湖の氷が割れ、魚が跳ね上がるころ。 イラストで楽し...
ウグイス
黄鶯睍睆――。読み方は「うぐいすなく」。「こうおうけんかんす」と読む場合もあります。現代の表記だと「うぐいす鳴く」。七十二候(しちじゅうにこう)の二候(立春次候)にあたります。新暦では2月9日から2月13日ごろ。黄鶯睍睆の意味は、春の到来を告げるウグイスが鳴き始めるころ。 イラストで楽しむ日本の七十二候 鶯(うぐいす)...
東風
東風解凍――。読み方は「はるかぜこおりをとく」。現代の表記だと「東風凍を解く」。「とうふうこおりをとく」と読む場合もあります。東風とは春風のこと。暖かい春風が吹いて、池や湖の氷が解け出すころ。七十二候(しちじゅうにこう)の立春(りっしゅん)初候にあたります(一候)。七十二候は「東風解凍」から始まります。新暦では2月4日...
乙女椿(おとめつばき)
2017年3月25日。埼玉県越谷市にある県民健康福祉村で散歩をしている途中、満開のピンクの花が目に止まりました(上の画像)。八重咲きのきれいな花びらです。椿(つばき)かな。デジカメで写真に撮って、家に帰ってピンクの花の名前を調べると「乙女椿」(おとめつばき)でした。 乙女椿の開花時期は三月から五月。今はちょうど乙女椿の...
県民健康福祉村(埼玉県越谷市)の満開を迎えた藤
2015年4月26日(日)埼玉県越谷市にある 県民健康福祉村 の藤が満開を迎えました。上品なかぐわしい香りに誘われて、ウォーキング中に、満開の藤の写真をカメラに収めました。 県民健康福祉村の藤棚の場所は、屋内プールのあるときめき元気館横の駐車場と多目的運動場の間近く。こぢんまりとしているので、見過ごされてしまうことも多...
北越谷桜堤の水平桜
埼玉県越谷市の桜の名所・北越谷桜堤(きたこしがやさくらづつみ)。北越谷の元荒川(もとあらかわ)沿いの土手に約350本のソメイヨシノが2キロにわたって植えられている桜並木で、毎年、開花時期には、北越谷桜まつりも開催され、多くの花見客でにぎわいます。 そんな北越谷桜堤には、ボクの大好きな桜(ソメイヨシノ)の木があります。名...