魚氷上|読み方は、うおこおりにあがる。意味は…

池の魚

魚氷上――。読み方は「うおこおりにあがる」。「うおこおりにのぼる」「うおこおりをいずる」と読む場合もあります。現代の表記だと「魚氷に上がる」。七十二候(しちじゅうにこう)の三候(立春末候)にあたります。新暦では2月14日から2月18日ごろ。魚氷上の意味は、春になって池や湖の氷が割れ、魚が跳ね上がるころ。




イラストで楽しむ日本の七十二候

春先の薄く張った氷のことを薄氷(うすらい)といいます。薄氷は俳句では春の季語。「うすごおり」とも読みます。薄氷を季語に詠んだ俳句には●せりせりと薄氷杖のなすままに(山口誓子)●薄氷(うすごおり)ひよどり花のごとく啼く(飯田龍太)●薄氷をさらさらと風走るかな(草間時彦)などがあります。

黄鶯睍睆 )魚氷上の前候|魚氷上の次候( 土脉潤起