東風解凍|読み方は、はるかぜこおりをとく。意味は…

解け始めた氷

東風解凍――。読み方は「はるかぜこおりをとく」。現代の表記だと「東風凍を解く」。「とうふうこおりをとく」と読む場合もあります。東風とは春風のこと。暖かい春風が吹いて、池や湖の氷が解け出すころ。七十二候(しちじゅうにこう)の立春(りっしゅん)初候にあたります(一候)。七十二候は「東風解凍」から始まります。新暦では2月4日から2月8日ごろ。




イラストで楽しむ日本の七十二候

東風は俳句では春の季語。俳句では東風の読み方は「こち」。東風の意味は、早春に東から吹くやわらかい風のこと。「東風」を季語に詠んだ俳句には●東風吹くや耳現はるるうなゐ髪(杉田久女)●亀の甲並べて東風に吹かれけり(小林一茶)●のうれんに東風吹くいせの出店かな(与謝蕪村)などがあります。

( 鶏始乳 )東風解凍の前候|東風解凍の次候( 黄鶯睍睆