犬蓼の読み方はイヌタデ。別名は赤まんま。俳句では秋の季語

イヌタデ

犬蓼――読み方は「イヌタデ」。別名は「赤まんま」(アカマンマ)「赤のまま」(アカノママ)。粒々の赤い花を赤飯になぞらえて付けられた名前です。秋に紅色の穂を付けます。俳句ではイヌタデは秋の季語になります。



赤まんま・蓼の花(たでのはな)を季語に詠んだ俳句には、●長雨のふるだけ降るやあかのまま(ながあめの ふるだけふるや あかのまま)中村汀女(なかむらていじょ)●食べてゐる牛の口より蓼の花(たべている うしのくちより たでのはな)高野素十(たかのすじゅう)●手にしたる赤のまんまを手向草(てにしたる あかのまんまを たむけぐさ)富安風生(とみやすふうせい)――などがあります。