台風21号の強風で県民健康福祉村の柳がへし折れた写真<2017年10月23日>

へし折れた柳の木

2017年10月23日・月曜日。午前9時。埼玉県越谷市にある県民健康福祉村に散歩に出かけたところ、台風21号の強風で、柳の木が折れて倒れていました(上の写真)。へし折られた柳の木の場所は、北中央駐車場の前。藤棚の横にある柳の木です。

根元

根元からぽっきり折れてしまっています。痛々しい姿です。

折れた柳の木が藤棚を直撃

折れた柳の木が隣にある藤棚を直撃。藤棚の上に覆い被さっています。

藤棚

こちら(上の画像)は、直撃された藤棚の満開時の写真です。上の写真の右上に柳が見えます。

倒れた柳の木

藤棚の柱もつぶれかけています。強風でへし折られた柳の木も直撃された藤棚もどちらも痛々しい姿でした。

追記…翌日(2017年10月24日・火曜日)の柳の木と藤棚の様子
壊れた藤棚と柳の切り株

柳の木は、根元からチェーンソーで切り落とされ、藤棚に覆い被さっていた柳も撤去されていました。

柳の切り株

上の写真はチェーンソーで切り落とされた柳の切り株です。痛々しい姿ですが、まだ生気を感じます。もかしたら「ひこばえ」が生えてくるかもしれません。

壊れた藤棚

藤棚は壊れていますが、藤の木は無事でした。藤棚は追って修復される予定。

追記…修復された藤棚|2017年11月19日(日)撮影
修復された藤棚

藤棚の修復は11月上旬に行なわれました。上の写真は修復された福祉村の藤棚です。撮影日は、2017年11月19日・日曜日。藤の枝も半分近く切り落とされてしまっています。でも幹は無事だったので、なんとか一命をとりとめた、という感じですね。

満開の藤棚

上の写真は、今年(2017年)の満開時の藤棚です。枝が半分近くなくなってしまったので、来年は、この写真のような姿にはならないと思いますが、元気に花を咲かせてくれそうです。