ビートルズ詩集(岩谷宏・訳)は曲名の邦題がおもしろい。たとえば…

自家焙煎珈琲店「 珈家 」(埼玉県越谷市)で、焙煎翌日のルワンダコーヒーを飲みながら、22年前(1995年)に買った『ビートルズ詩集』岩谷宏・訳(シンコーミュージック)を久しぶりに再読。この本はなんといっても曲名の邦題がおもしろい。たとえば――

『 ビートルズ詩集 』岩谷宏・訳(シンコーミュージック)

●好きですあの人が(And I Lover Her)アンド・アイ・ラヴ・ハー●あの子は喪服(Baby’s in Black)ベイビーズ・イン・ブラック●孤独の自覚(Help!)ヘルプ●作家志望(Paperback Writer)ペーパーパック・ライター●ともに私を超えよ(Come Together)カム・トゥゲザー

涙の乗車券の邦題で知られるチケット・トゥ・ライド(Ticket to Ride)は「彼女は上昇志向」と訳されています。

面白いのは「しっちゃかめっちゃか」。これはヘルター・スケルター(Helter Skelter)の邦題。そしてジョージハリソンの名曲・ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (While My Guitar Gently Weeps) は「ぼくのギターがむせぶとき」。これはドンピシャですね。

さて、ここで問題です。『ビートルズ詩集』岩谷宏・訳(シンコーミュージック)で「信女」(しんにょ)と邦題が付けられたビートルズの曲は何でしょうか?

答…「信女」(しんにょ)→エリナー・リグビー(Eleanor Rigby)


ビートルズ詩集(岩谷宏・訳)