マイケルローズ本<魂との対話>疑いはすべての存在を破壊する…

魂との対話(マイケルローズ)

疑いは、ほんとうの自己を受け入れるのを妨げる。疑いとは、より大きな現実やより広い可能性に至る扉につけられた鍵である。(疑いをもっていると)より高い意識の次元に入ることはできない。疑いはすべての存在を破壊する。信頼していればこの瞬間はすべて完璧になる――マイケルローズ本『魂との対話』より~

魂との対話