宿場まつり<越谷>2016年の様子をご紹介。早かごレースは今年も大熱戦

2016年11月13日(日)に行なわれた「日光街道越ヶ谷宿 第4回宿場まつり」の様子をご紹介します。会場は越谷駅東口・旧日光街道沿い周辺。江戸時代に日光街道第三の宿場町として栄えた越ヶ谷宿(こしがやじゅく)の歴史と伝統を振り返り、沿道の商店街のにぎわいの創出をはかることを目的に、毎年11月の第二日曜日に行なわれる越谷市のイベントです。

宿場まつり名物・早かごレース
早かごレース

今年(2016年)で4回目を迎えた「日光街道越ヶ谷宿 宿場まつり」。会場ではさまざまな催しが行なわれました。宿場まつりの名物イベントといえば「早かごレース」。三人一組で参加し、一人を駕籠(かご)に乗せ、二人がかごを担ぎながら走り、およそ300メートルの特設コースを駆け抜けます。

駕籠

早かごレースには、家族や友人、企業や団体など全18チームが参加。衣装もおそろいのハッピからサンタクロースまでさまざま。自作の駕籠で出場したチームもいました。



折返し地点では、地元の豆腐屋さんな提供のおいしい豆腐を食べきらないとレースに戻れないルールで、ここでも数々のドラマが生まれました。

ガーヤくん

中にはレース中にかごが壊れてしまうアクシデントに見舞われたチームも。


第4回宿場まつり(2016年)早かごレースの結果は、優勝・チームさいしん2、準優勝・チームとちぎん~新たなる伝説へ~、第3位・チームわこうど、かご製作賞・Sun’太(サンタ)、パフォーマンス賞・祝!杉戸宿開宿400年

草履とばし
草履とばし

草履を飛ばして距離を競う「草履とばし」のコーナーも盛り上がりました。大人部門の最長記録は19メートル、子供部門の最長記録は11メートル。優勝者には豪華賞品が授与されました。

その他のイベントも大盛況
バザー

そのほかにもバザーや地元飲食店の出店、市民ミュージカル、地元小中学生による吹奏楽演奏なども行なわれ、来場者のみなさんは笑顔でイベントに参加されていました。