焙煎翌日のブルーマウンテンNo1をハンドドリップで飲んだけど味は格別

ブルーマウンテンNo1(焙煎豆)

埼玉県越谷市の下間久里(しもまくり)にある行きつけの自家焙煎珈琲店( 珈家 )で焙煎翌日のブルーマウンテンNo1をいただきました。お店の自家焙煎機でご主人がハンドピッキングした生豆を丹念に焼きあげたブルーマウンテンNo1。豆の香りも際立っています。

ハンドドリップ

カウンター席でご主人のハンドドリップを見るのも楽しみの一つ。ブルーマウンテンNo1の香りがカウンター席に漂います。

ブルーマウンテンNo1

ノリタケのコーヒーカップに入れられたブルーマウンテンNo1。今回の豆はニュークロップ(新豆)なので、絶妙のバランスの中に透明感も感じられます。



世界最高峰といわれるブルーマウンテンNo1。味も格別。ぜいたくな時間を過ごすことかできました。