天地始粛|読み方は、てんちはじめてさむし。意味は…

秋の気配

天地始粛――。読み方は「てんちはじめてさむし」。意味は、夏の暑さがようやく収まり始めるころ。夏の気が落ち着いて、秋の気配が現れ始める時期とされています。七十二候(しちじゅうにこう)の処暑(しょしょ)次候にあたります。新暦では8月28日から9月1日ごろ。




イラストで楽しむ日本の七十二候

二百十日(にひゃくとおか)…雑節のひとつで、立春から数えて210日目。新暦では9月1日か2日に当たります。台風がやってくる日とされ、農家では厄日(やくび)として警戒する習わしがあります。二百十日は俳句では秋の季語。「日照年(ひでりどし)二百十日の風を待つ」(山口素堂)「風少し鳴らして二百十日かな」(尾崎紅葉)

綿柎開 )天地始粛の前候|天地始粛の次候( 禾乃登